婚活

Q&A

瞬時に相手の性格を見抜く方法

趣味の話しばかりする人は浮気をしない?婚活で瞬時に相手の性格を見抜く方法 話があちこち飛ぶ人→クリエイティブな人 自分の趣味ばかり話しする人→自己顕示欲が強い 自分のことより相手への質問ばかりをしてくる人→コミュニケーションを深めたいと思っています 相手の言葉すべてを肯定する人→とにかく話しを盛り上げたいと思っている人 会話の中で相手の性格...
Q&A

男女の会話はジャズの即興演奏のように

よくお見合いで「初めてお合いするお相手にどのような会話をしたらいいですか?」との質問をされる方がいますが。その方には「ジャズの即興演奏のように会話する」をたとえ話としてするようにしました。 今までは「失礼な内容でなければ何でも遠慮せずに会話ください。」でした。 この内容ですとベースがないのでどう話したらいいかどうかがまだ理解できない回答でした。 今回のジャズの即興演奏のようにとはミハイ・チク...
Q&A

結婚は人生で最大の買い物

JB PRESSで森川友義さん記事を書いてましたが一世一代の大勝負、結婚は失敗して当たり前でもそのリスクを知るろ知らないでは大違いとのタイトルでした。 「結婚は、人生たった1回だけ与えられた選択です。もちろん、離婚すれば何度も選択できますが、とりあえず1回というのが大方の結婚です。 初めて結婚するのに、いきなりホームランの相手を見つけることができると思いますか? 理論的結論。それは無理です。...
Q&A

昔の恋人を思い出す場面ランキング

昔の恋愛体験その相手をふと思い出す瞬間(女性編) 1位 思い出の場所にいったとき 2位 相手の家の最寄り駅を通過するとき 3位 名前が同じ人を呼ぶとき 4位 ふたりで聴いた曲を聴いたとき 5位 相手を偶然見かけたとき 昔の恋人を思い出す瞬間ランキング 昔の恋愛していた方を思い出す瞬間でありますよね。 トランプのカードで良く言われるのが男性はカードを横に並べる...
Q&A

恋愛に年齢差は関係ないの?

芸能人の「年の差婚」がワイドショーなどで取り上げられることが多いですが調べてみると  男性       女性         年齢差 加藤茶(69歳)・綾菜夫人(23歳)   46歳 ラサール石井(56歳)・夫人(24歳)  32歳 堺正章(65歳)・夫人(43歳)     22歳 仲本工事(70歳)・三代純歌(43歳)  27歳 結婚予定 中村正人(54歳)・マーキー(25歳)  2...
Q&A

婚活でうまくいかない方へ

婚活でうまくいかない方へ こんな状況の方  現在結婚相談所へ登録されているがお見合いがなかなか決まらない方  お見合いしたけど交際にならない方  交際になったけど何故か交際が終わってしまう方  結婚相談所へ登録して6ヶ月経過しても結果がでていない方  満足いく方とお見合いがなかなかできない方  結婚相談所で登録しただけになっている方  結婚相談所へ登録し...
Q&A

年の差を感じさせないトーク

最近は年の差婚という言葉もできていますが年の差カップルが増えている傾向だそうです。 そこでトークで年の差を感じさせない3つのポイントがあるそうです。 (1)親父ギャグをただちに封印せよ (2)若者言葉をムリに使うな (3)自分の時代を押し付けない 結構当たり前の事柄ですがこのような事を注意して努力すると男性も年の差のカップルができることもあるのでいいことかもしれませんね。 あまり無理に...
Q&A

交際の時のデートの頻度はどのくらい?

カップルになった二人がラブラブな状態で大事な期間は初期の3ヶ月この期間でしっかりとお互いが理解していかないとその後冷えてしまうこともあるようです。 恋愛初期に会う頻度はどのくらいがベストなの? 蜜月期にたくさん会えなくても、「愛させている」という充足感を得られる「愛情スイッチ」が確認できれいれば大丈夫。この愛情スイッチには3つのパターンがあります。 1.好きな人に付随するものを見ることで...
Q&A

10タイプの男を経験しよう!

海外サイト「The gloss」で30歳未満の独身の女性に時30歳までに経験しておくとよい10タイプの男性が紹介されていますが 1.赤ちゃんのように幼い男子 2.働かない音楽通な男子 3.ストレートに見えて実はゲイな男子 4.超年上男子 5.皆に嫌われている男子 6.宗教にハマリ過ぎな男子 7.こちらは結婚したいのに、まったく結婚の動きを見せない男子 8,短期かつマニアックな男子 ...
Q&A

男女の友情はあるのか

エスカーラカフェというサイトのネットアンケートによると女性の7割は「男女の友情は成立する」との回答だったそうです。 対象は20代、30代の女性300人にヒアリングした結果だそうです。「女性の方はお友達としてみていたけど男性からは恋愛対象にみられていた。」などの事はよくある傾向で女性は比較的男友達容認派が多く、男性は男友達(異性友達)否定派が多いように思える。これは実際に統計をとっている訳ではない...