google-site-verification: google22d712fca84e941d.html

‘交際になった会員様へ’

交際3ヶ月を経過は交際延長料が発生する?

めでたく交際になった方が3ヶ月近くになってきますと双方で交際についてそろそろお気持ちがどうかを事務所を通して確認する時期になってきます。

この3ヶ月のルールは交際の期間としては短かすぎず、長すぎずといったちょうど頃合いのよい期間かと思います。

昔から各結婚の協会では3ヶ月ルールを適用しているのですがこの3ヶ月は私どもが実際に婚活に関わっている中でも黄金の3ヶ月ルールと思うのです。

とってもいい頃合いが3ヶ月かと思います。これ以上長くなるとうやむやになったりお互い10ヶ月や1年に簡単にのびのびになっていってしまいます。

3ヶ月で決める!といっても交際が順調に進むカップルは週に2から3回もお会いすることがあるのです。

私どもの考えですと週1回以上合わないカップルは危険信号とひとつのタイミングの指標としています。

わかりやすくいいますと週1回のデートはノルマといっています。

週1回のデートもしなければ3ヶ月で結婚への気持ちにいかないですよ!といった本音です。

そんな中で3ヶ月近くになりますと各相談所のスタッフから結婚への気持ちは固まってきましたか?との質問がでます。

ここでの回答パターンは別途です。参照 交際して3ヶ月になる方

交際して3ヶ月になる方を読まれましたでしょうか。

交際して3ヶ月経過に時点でだいたい男女共結婚の気持ちが固まっている方はとてもわかりやすく明確に私どもスタッフへご連絡が入ります。

一方3ヶ月経過してもなかなか判断つかないカップルもいます。そんなカップルにはスタッフより揺さぶりをかけます

その揺さぶりが交際延長料なんです。

「追加の費用が発生しているので成婚に決めるかもしくは今回は交際を終了するかメリハリをつけましょう。」ということです。

今までの経験で3ヶ月経過してもなかなか判断つかないカップルはずるずる期間が経過するだけでなかなか決まりません。

ずるずるいくのはなにかしらのためらいがあるからで気持ちが固まっていたら行動あるのみです。その行動がないのは気持ちが固まっていない(そういった気持ちになっていない)からだと判断しております。

気持ちはかたちにあらわれると思います。

そういったことで3ヶ月経過すると交際延長料を発生させることによりメリハリをしっかりつけてほしいとの意思で設定をさせていただきました。

この制度を設けてみてどちらか(成婚するかしない)に行動しますのでそういった意味で設けてよかったと思っています。締め切りを設けますとしっかり対応しようと心がけますので、よいことかと思います。

交際して3ヶ月になる方

お見合いして交際になったカップルが3ヶ月になりそうなカップルには下記の手順で手続きをします。

1.その時期(3ヶ月になる約2週間位前)に事務所よりお問い合わせします。
  (事務所→会員)

2.会員様の回答がでます。
  (男性会員→事務所)
  (女性会員→事務所)
 
  ケース     内容      記号

  【ケースA】  成婚の意思あります。(〇)

  【ケースB】  成婚についてまだ判断つきません。(△)

  【ケースC】  成婚の意思がないのでこれで交際を終了します。(×)

3.男性、女性の回答を事務所よりお伝えします。
  (事務所→男性会員)
  (事務所→女性会員)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   
  【ケースA】  男性会員→成婚の意思あります。(〇)
          女性会員→成婚の意思あります。(〇)
        ———————————————————–
     結果    めでたく成婚手続きします(〇)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         

  【ケースB-1】  男性会員→成婚についてまだ判断つきません。(△) 
            女性会員→成婚の意思あります。(〇)
        ———————————————————–
     結果    交際延長になります(△)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  
  【ケースB-2】  男性会員→成婚の意思あります。(〇)
                      女性会員→成婚についてまだ判断つきません。(△)
        ———————————————————–
     結果    交際延長になります(△)
                

 
  
  【ケースC-1】  男性会員→成婚はせずにこれで交際を終了します (×)
                 女性会員→成婚についてまだ判断つきません。 (△)
        ———————————————————–
     結果    交際終了になります(×)

  【ケースC-2】 男性会員→成婚についてまだ判断つきません。 (△)
          女性会員→成婚はせずにこれで交際を終了します(×)
        ———————————————————–
     結果    交際終了になります(×)

  【ケースC-3】 男性会員→成婚はせずにこれで交際を終了します(×)
               女性会員→成婚はせずにこれで交際を終了します(×)
        ———————————————————–
     結果    交際終了になります(×)

4. 【ケースB-1】 【ケースB-2】の場合交際延長でそのまま交際を継続ください。(交際延長の時は交際3ヶ月経過時点で自動的に延長料10,500円/月 発生します。ご了承ください。)

参照 なぜ交際3ヶ月過ぎると延長料が発生するのか?

5.【ケースA】の場合事務所にて成婚手続きをします。

  成婚退会手続きをしていただきお預かりした書類をお返しします。
  成婚料をお支払いいただきます。

  おめでとうございます。めでたく成婚退会となります。
   

                

          

交際になった会員様へ

このページを見ている方はうちの会員様で交際になった方へのページです。

交際になりましたか?おめでとうございます!

登録して1ヶ月のお約束はスタッフは果たせましたか?

おそらく登録したばかりの会員様でこのページをみている方は見事に交際になった会員様だと思います。

お見合いの件数は何件目で交際になりましたか?

このあとの進め方について記載します。

(1) 連絡先交換をします。

スタッフからお相手の携帯番号をお伝えしますので男性から即日電話をするようになっていますので女性の場合は電話を待ちましょう。

この最初の連絡は大事ですのでなるべく女性の場合は早めに会社から帰宅して連絡をできる場所で待機しましょう。決して連絡とれるまでの期間で飲みにいったりして居酒屋など雑音のかなりある場所は避けましょう!また男性から駅のホームなど騒音のある場所からの電話は避けましょう。なるべく静かにお話しできる場所でお話しをしましょう。

(2)連絡交換時に次回のデートのお約束をしましょう。

これは男性からなるべく1週間以内にお会いできるように希望をだしましょう。まずはお見合い後すぐにお会いすることがとっても大事です。女性はなるべくお会いしたいモードでお話しください。

「食事いけたらいいなあ」など女性から話題をふってみてもいいです。お互いに歩みよる努力をしてみてください。女性からも合いの手をだすのも大事ですので女性陣はそこの配慮はしてあげてください。何でも男性が優しく完璧にリードはなかなかできないものです。不慣れでも誠実であればいいではないですか。

(3)携帯メールの交換もしましょう。

現在スタッフからお伝えできるのは携帯番号のみになってしまいます。(これはまだ事務所間で携帯メールの交換が一般的になっていないのでご了承ください、年数が経過すれば携帯メール交換も一般的になると思います。)

(4)交際の仕方を熟読しましょう。
交際の仕方

(5)次の対応についてスタッフと早急に相談しましょう。
その方によって対応方法が変わっていきますのでまずは交際になったあとの対応について相談しましょう。

(6)成婚料割引制度を確認しましょう
成婚料割引制度は交際開始してから期間が1ヶ月ですので仕組みを再度確認しましょう。交際になったカップルで1割位の方がこの制度を使います。

(7)定期的にスタッフへ報告しましょう。
メールで結構ですので進捗をスタッフへ報告しましょう。
連絡の内容は1週間に1度のデートのノルマを達成しているかをご報告してください。

皆様の幸せな結果がどんどん舞い込んできますように!

Copyright© 2017 東京銀座の結婚相談所:アトラージュ銀座 TEL0120-957-800 All Rights Reserved.
当サイトは20歳未満の方はご利用できません。