google-site-verification: google22d712fca84e941d.html

‘やはり神様はいた’

会員さん体験談

やはり神様はいた

~50代男が最後の土壇場で奇跡のリカバリーショット~

会員さんの体験談を記載します。

第1章 母親に孫の顔を見せる、軌跡の祈り

もう50歳になった。妹は若くして結婚したが、子供ができない。後は申し分ない夫婦なのだが。

サラリーマンをしていた。若いころ結婚したが、すぐに破綻した。その後父がなくなり、離婚と父の死がダブって見える。ショックは何倍にも感じられた。母親にもかなりのショックを与えてしまった。

父親が早くなくなり、母との2人の生活が続いた。この重苦しい時代は筆舌に表せない。しばらくは会話も少なかった。

私は誕生日、晩御飯に母が寿司をご馳走してくれた。学生時代からの友人に電話で話ししたら、毎年「また、母親と寿司食ったか?」とからかわれた。その男は思いやりのない人間で、その後別の件で絶交した。死ぬまで付き合うつもりはない。お茶

母親は孫の顔を見ていない。

父が亡くなった後、近所で親しくしていた家の子供(当時は2歳くらい)がよく遊びにきてくれた。多少の気晴らしにはなったようだが、所詮他人の子だ。言葉にはならないが、「孫が欲しい」という気持ちが痛いほど伝わってくる。

「なんとかしなければ・・・」 ショックから10年くらいたったころ、「発心」した。

ある信頼できる場所で「結婚と孫の顔を母に見せる」ように神様に祈願をした。しかしすぐ結果が出ることはなかった。

2002年7月だった。

第2章 サラリーマン時代に1度チャレンジして、条件厳しく挫折。

離婚して、父がなくなったころはサラリーマンをしていた。この頃一度同じようにな気持ちで、再婚を目指して、お見合いをしたことがあった。当時は40代そこそこだったが、条件が悪かった。会社は上場会社ではあるが、業界の中堅だ。年齢と職業と再婚、この条件でなかなかお見合いができなかった。サラリーマン

厳しいものだ。女性は計算高いと思った。不本意ながらに結婚するとまた失敗するので、慎重でもあった。私の条件は「会っていて楽しい人」だ。

しばらくして、なかなかうまくいかないので、活動は中止した。40代半ばだった。
もうだめではないか、と思い始めていた。

第3章 目の手術で、生まれて初めて、うつに。不安に中で「結婚したい」と思った。

40代半ばで私は独立をした。事業内容は転々とした。それ以来5年くらいは事業に没頭していた。

社長になって、異業種交流会に出るようになった。営業と人脈を広げることが目的だ。随分多くの交流会に出たものだ。交流会に出ても、仕事は取れなかった。考えてみれば当たり前で、集まってくる人たちだった、自分の会社の商品を売りたくてきているのだ。お互いに売り込みはあっても売れるわけはないわけだ。交流会

でも他にも収穫はあった。人脈ができることだ。異業種交流会で知り合いになり、経営者仲間ができることがあるのだ。

ある日、そんな知り合いの経営者仲間から異業種交流会に誘われた。行って見ると、多くの人が来ていた。その知り合いの経営者が、もう一人の人も連れてきた。その人は結婚相談業をしているという若い男性だった。ああ、こういう若い男性でも、この事業はやる人いるのだなと思った。そのときは、自分が世話になるとは思いもよらなかった。

手術その年の暮れに、私は目の手術をした。左目が、コンタクトレンズがあわずにとても痛いので、近視矯正の手術を受けた。一番安全性が高いといわれる方法をする医師を、本で見つけて、その医師から手術を受けた。この術式は、一切目には触れず、レーザーで者レンズを薄くする方法。一切目に触れないので、ばい菌が入りにくい。その反面、術後の回復に時間がかかる欠点があった。年末に手術をして、正月休みがあるので、充分に快復するかと思っていた。しかし48歳だったので、快復がとても遅い。遠くは見えるようになったのだが、近くが見えにくい、なかなか手元の視力が快復しないので、私はうつ状態になってしまった。うつになったのは、生まれて初めてだった。毎日が不安で不安で、食事も喉に通らず、12キロもやせた。

そんなとき、孤独感がとても強くなった。なぜか、結婚したいと無性に思った。

その時、あの異業種交流会で知り会った若い男性を思い出して、連絡をした。「良い人がいれば、探したいのですが、・・・」と。

第4章 年はとったが、独立して「社長」になったことで、意外にお見合いはできた。

「ええ、いますよ、良い人がたくさん」と感じのよい返事が返ってきた。

早速オフィスに出向いて、入会した。でも5年以上前のサラリーマン時代でさえ、条件が悪く、なかなかお見合いさえできずに、一度あきらめたわけだ。50歳になって、お見合いなんてできるのだろうか、と思っていた。

しかし結婚相談所のこの若い男性(Sさん)は、この仕事がとても向いているというか、才能がある。いわゆる町の仲人おばさんとは違い、やり手の事業家みたいな雰囲気があるのだ。資料

そして、本当に次から次へ、女性を紹介してくれた。お見合いができたのだ、50歳の男が。

むしろ5年前より、多くの人とお見合いができているような気がした。

私は「どうしてだろう?」と考えた。そして思った。{サラリーマンより、社長のほうが女性受けがするのだな」と。「そんなことなら、早く社長になればよかったかな」とも思った。

お見合いは何回もできた。外資系企業で秘書をしている人。銀行で受付をしている人。なかには水商売の人、なんと歌手の人までいた。

押しなべて、みなさん綺麗だった。・ ・ ・

「意外」だが。

でもなかなか「OK」が出ない。

第5章 帝国ホテルで3連敗。こうなれば最後は国際結婚か?

色んな場所で何回もお見合いをした。
なかでも帝国ホテルはお見合いのメッカだ。帝国ホテルの各国の時計の前(当時)、は待ち合わせのメッカ。
ここで待ち合わせて、目の前のあるラウンジでお茶を飲むわけだ。
場所、雰囲気は最高。舞台はそろった。
帝国ケーキセットは皿がピラミッドで3階建てになっていて、演出効果も満点!
ここで連続3人とお見合い(日にちは別ですよ、勿論)をした。
バツイチの人と、子持ちの人もいたが、みなさん綺麗でお嬢さんタイプ。
私はどちら様でもOKでした。

しかし、しかし結果は3連続「ノー」という厳しい結果。
さすがに「やっぱりダメか。」と思った、この時は。

もうこれじゃあ、生きているうちに、母親に孫が見せられないと思った。思い切ってSさんに「国際結婚はないのですか?」と聞くと「できますよ」との答え。

思い切って頼んだ。
もうこれしかない、と。

1回横浜のほうの結婚相談所まで行って、1人と会った。この結婚相談所は国際専門のようだ。十分、コミュニケーションが取れない気がした。また確か1ヶ月、2ヶ月で結論をださなければならないと言われた。

それは無理だと思った。断った。

ここまでやってもダメなら、もうダメか。
内心、そう思った。

第6章 そのとき、奇跡は起きた!

そんな時、Sさんから日本人のお見合いのを組んでくれた。結果はどうなるかわからないが、出かけていった。

渋谷の「東急ホテル」で待ち合わせだった。当日、指定の時間に、指定の場所で待っていたがそれらしき人はいない。時間が過ぎたので、Sさんへ電話した。相手の所属する結婚相談所からお相手に電話してもらったら、来ているという。
私はもう一度ホテルの隅々まで見渡したが、いない。もう一度Sさんへ電話して、お相手の携帯番号を教えてもらった。通常はそんなことはしないだろうが、場合が場合だけに対応してくれた。

その電話に電話すると、確かに女性が出た。ホテルのロビーにいる、という。
何が見えるか聞いたら、ちょっと私が見える景色と違う。もしかして階が違うところ、もうひとつのロビーがあるのかな、と思って、目の前の見えた階段を上がってみた。でもそこはロビーでなく通路だけだ。私は焦って、ホテル内を歩きまわった。気がついたら、従業員の通路を歩いていた。

これはまずいと思い、もう一度携帯電話で「とにかく、ホテルの外へ出てください。私も待っていますから」と伝えた。

ホテルの外へ出て、入り口前でずっと待っていた。でもそれらしき人は出てこない。「今日はダメかな」一瞬頭をよぎった。

もう一度携帯に電話して、「そこから何が見えますか?」と聞手くと、「東急プラザと歩道橋が見える」という。それは駅の近くで、こっちからは見えない。

そうか違うホテルにいるいのだと思って、「東急プラザの前で待っていて」といって、駆け足で向っていったら、それらしき背の低い女性が立っていた。

その女性が現在の妻だ。

12月に会って、翌年の3月に結婚した。

私が神様にお願いしたとおりの「会っていて楽しい人」が満たされたばかりか、10歳年下の初婚、という破格の好条件であった。

第7章 そしてさらに奇跡が、・・・

妻40歳で私が50歳。ともに子供を切望していた。

再び、神様に子宝を祈願した。でもなかなか子宝には恵まれなかった。医学的には年齢が上がれば上がるほど、子供ができる可能性、無事生まれてくる可能性は低くなる。

神様に数回子宝を祈願した、結婚3年目の秋、子宝をさずかった。子供

でも高齢ゆえ、無事に生まれてくる保障もなく、再び、安産祈願を。
定期的な検診もその都度クリアー、最後の羊水検査には、再び、安産祈願。

そして結婚4年目の6月、息子が生まれた。健康で元気だった。現在1歳8ヶ月、風邪もほとんどひかない丈夫な男の子だ。

母には毎週日曜日に連れていって、孫の顔を見せている。

奇跡は起こった。

感謝。感謝!!

Copyright© 2017 東京銀座の結婚相談所:アトラージュ銀座 TEL0120-957-800 All Rights Reserved.
当サイトは20歳未満の方はご利用できません。