google-site-verification: google22d712fca84e941d.html

‘お見合い成功ガイド’

お見合い成功ガイド(女性編)

婚活にも活動方法がある1ヶ月で交際
お見合い投資の考え方①
お見合い投資の考え方②
希望の方とお見合いする方法①
希望の方とお見合いする方法②
お見合い活動の考え方(多発一中)           

婚活にも活動方法がある(女性編)

結婚は本人だけでなく相手がしっかりと結婚の意志があって始めて進むものですので婚約者を獲得するにはそれ相応のやりかたがあります。

例えばTOEICを会社の指示で6ヶ月後に受けることになっていて現在スコアを500だとします。次回は800にしたいと給料が下がると言われたらどうしますか?

300点を6ヶ月でUPさせるには優先順位をつけて勉強しないとまず間に合わないですよね。最低限ここだけは重要だと思えるところに集中してまずはそこをしっかり勉強しますよね。「じっくり全部の参考書を最初から最後までじっくり勉強してから・・・・」とやっているうちに試験の日がきてしまいますよね。

婚活も同じです。「自然になんとなく出会いがあって気が合えば結婚の方向へじっくり考えるって」ってやっているうちに出会いってなくなってきてしまいます。

意図的に活動をしていかないと特に素敵な男性ほど売れてしまってしまいますよね。まずは意識して婚活をしましょう!

お見合い投資の考え方

お見合い投資の考え方

お見合いをするのは結婚お相手を見つけるための先行投資と思います。それ

でお見合いをした場合の交際の確立は私のところの会員さんへは2割と説明し

ています。 

野球のケースで考えると高打率のイチローで4割で一般のプロの打者で2割5

部位ですよね。お見合いの場合も交際は2割が平均で考えたほうがいいです。

ですので1回のお見合いして交際ならなかったということで気持ちが落ち込んで

いる方がいますがその方はお見合いしたら10割の交際が当たり前と思って

いるので落ち込むのかと思います。

会員さんへは2割をベースに考えてもらっているのでまずは5回お見合いをす

るように言っています。5回お見合いすると1回は交際になる計算です。もち

ろんあくまでもこれは今までの経験則ですが意外にこれがそうなのです。うちの

会員さんでこの内容を実践してもらっていますがかなりの確立で満足してもらっ

ています。

これは私の考えですがお見合いも最終的な決定権は女性にあると思います。

それでこの2割は女性が本能的にOKがでる確立が2割ということなのかな!と

考えています。
                   

お見合い投資の考え方②

お見合いの交際の確立は2割と説明しましたがその2割をベースに費用を考えますと

お見合い料       5,000円(1回)

お見合い費用     25,000円(5回分)

交際によるリターン 500,000円(お見合い費用の100倍)

            ↓
成婚によるリターン   プライスレス

このような考え方(あくまでも勝手な試算です)

あと期間に関して記載しませんでしたがこれをうちでは約1ヶ月でクリアをしてしまいます。ですので短期間で実績ができる効果は大きいですよね。

希望の方とお見合いする方法

結婚相談所のシステムでは

①本人がプロフィールデータから申込む申し込まれる状況で判断するもの

②スタッフからの推薦がありそれをどうするか本人が判断する。

基本的には①を推奨しています。野球に例えますと

①がバントでもボテボテでもかろうじてヒットを打つこと。

②は偶然が重なってホームランになってしまうこと。

こんな感じになります。どうしても

①はレギュラーで随時活動しておくこと

②はスタッフが調整できて紹介できそうなこと

会員さんは②を要望することが多いのですがこればかりは季節物(築地であが

ってくる高級マグロのようなもの 例えが魚ですみません。)質を高めれば高め

るほどなかなか出せないのは原理的にわかってもらえるかと思います。

(しかし②をださないという意味ではありません合いそうな方ということでタイミン

グがあえば紹介はどんどんしています)

これは女性に特に説明していますが「私は申込を待っていますわ!」といった

考え方ではまずお見合いは決まりません!

本人からも積極的に申し込む姿勢とアクションがないとお見合いは成立しませ

ん。これはとっても大事なことですのではっきりと記載します!

待ちの姿勢ですとお見合いが成立しにくい理由は別途記載します。

希望の方とお見合いする方法②

プロフィール登録をして申し込みだけを待っている方がたまに見受けられますが申込がくるだけを待っていても納得のいくお相手とお見合いOKとはなりません。

例えばこれからネット証券で登録をして株式などで利益をあげたいと考えているとしましょう。ネット証券へ登録をすることは誰でもできることですがただ登録をしているだけで実際に金額を投資していかないと間違いなく利益をあげられないのと同じです。

お見合いもシステムに登録だけしていて自分から申込しないのはネット証券へ登録してなにもアクションをおこさないのと同じです。                 

                   


まずは自分から申込をしないと始まらないことを理解しましょう!

質より量(お見合い編)

お見合い申し込みの中でなんけんかお見合いができるようになりますと。

実際のお見合いの場面でフィーリングがあったりあわなかったりします。

もちろんお会いした全員としっくりいくわけではないのでまずはこの

お見合いから交際に至る数字は5件に1件です

交際の確立2割(20%)は悪い数字ではありません。

この確立を例えば2割から4割にあげるとなるとかなりしんどいです。

パフォーマンスをあげるとなると神業です。

それよりも分母(お見合いする数)を増やせばおのずから2割でも

交際できる数が増えます。

交際できるパフォーマンスをあげることに努力をすることよりも

お見合いできる数を増やすことに努力をしたほうが結局同じ努力でも

結果はまったく変わってきます。

その点をしっかり理解しましょう!

まずはお見合いできる数をしっかり増やしましょう!

質より量(申し込み編)

結婚相談所に登録してからまずやることはお見合い申し込みをすることです。

最近は検索システムで自分から申し込み、申し込まれが見れて状況を毎日

チャックできるようになっています。

それで申し込みを待つのでなくまずは申し込みします。

それで申し込みの中で1件お見合いがくめるように申し込みするのです。

うちの会員さんには

まずは10件をひとつの束として申し込みしましょう

と提案しています。

そうするとだいたい1件はお見合いがくめます。

たった1割と思いますが1割で充分です。

あとは申し込みの数が増えればおのずとお見合いできる数は

増えますので。

まずは1件お見合いができるところを目標にしましょう!

いきなり交際できる方をめざすのではなく

まずはお見合いができる人を1件からです。

そのために目標を持って申し込みの数で勝負しましょう!

お見合い申し込みは質より量が大事です

お見合い婚活はマラソン参加のイメージで

ちょうどお見合い活動は市民参加できる東京マラソン参加する

イメージがいいかと思います。

まったくマラソン経験ない方(私も含めてほとんどかと思いますが)

が1年後に東京マラソンに参加することになってどのように

準備しますでしょうか?

1年後のマラソンを走るのにいきなり練習なしで42.195キロ走るのは

ちょっと無謀ですよね。

やはり普段ある程度こつこつジュギング程度はしながら心肺機能を

鍛えたり体つくりをしていきますよね。

急に100Mダッシュよりしっかり長く走れるように数キロジョギングなど

していきますよね。

それと少しずつでも日ごろ練習している人は力ついていきますよね。

お見合い活動も同じです。

その件について表でわかりやすくしました 

        ↓

結婚できる人できない人

サロンに何度も訪問しましょう

会員さんが登録をしましてお見合いの調整をスタッフがしますがもしまだ交際になっていませんでしたら何度もしつこい位にサロンを訪問しましょう。

スタッフも人情のある人達がやっていることが多いので何度も通っているとその会員さんの真剣さがもちろん伝わりますし無言のスタッフへのプレッシャーになりますのでどんどん顔をだすことが大事です。

サロンには毎日たくさんのお見合い情報が流れていますので偶然にもいい方を
紹介してもらえることもよくあります。

どんどん情報が流れている現場に行きましょう。最近はパソコンで自宅で検索できるし携帯メールやパソコンメールがありますので用件はそれで済まされてしまいがちですが人と人を繋ぐ事は人情もあってのこと。

現場にお宝はありますよ。

あと一人で活動していると結構相談する人もいなくロンリーになりテンションも下がってしまいがちですのでサロンへ行けば活発にほかの会員さんが動いていそうな状況も少し察知できるかもしれないのでその雰囲気を感じていくのも大事です。
                        

ライバルよりも優位になる婚活

                                     人数 
(1)HPのサイトを閲覧する人                1000人 (10%)

(2)資料請求をとりあえずする人               100人 (10%)

(3)結婚相談所のとりあえず聞きに行く人            10人 (10%)

(4)結婚相談所でお試しお見合いをとりあえず試す人        1人 (10%)

このようにHPサイトを閲覧している方が1000人いるとすると1割の方が資料請求して100人になりそこから実際に結婚相談所へ聞きに行く人が100人になりそこでお試しをする人が1人になるという換算です。
 
しかし逆に考えるとここで行動できる人は

1000人がマラソンでよーいどんでスタートしようとしたところ本当にスタートした人は1人だった。しかも走りでなくても歩いても1位。

こんなことは実際の現場で起きていることが多く行動した分リスクをとりに行った分他の1000人よりも行動が差別化になっているということだと思います。

うちの会員さんで友人の紹介で先週登録になった女性がお話ししていた内容ですがその紹介いただいた女性はうちの結婚相談所で1ヶ月で電撃的に結婚したうちの最短記録結婚を作ったつわものです。

その女性はいつでも真っ先に行動する女性でなにかあるとまずは行動するタイプの女性だったそうです。

そういえばこの女性はGW直前に暇だったのでうちの事務所に遊びに来ていてその機会にいまの旦那さんになる男性から電話が入ってきてお見合いをすぐにくんでほしいとの依頼の電話でした。

GW直前でかなり無理なお話しでお見合い設定は早くても1週間はかかるのが通常なので電話あった翌日にお見合いをくんでくれといわれてもなかなか難しいと思っていた矢先ちょうどびにきていたこの女性は年齢層的にもあっているのでお見合い紹介したらなんと電撃的に1ヶ月で結婚となったのです。

いま考えれば彼女がうちに遊びにきた行動が今の幸せを運んできたのかなと思います。

やはり行動できる方は他よりも圧倒的に優位になりますね。

うちの会員さんから体験から学ばせてもらっています。

 

Copyright© 2017 東京銀座の結婚相談所:アトラージュ銀座 TEL0120-957-800 All Rights Reserved.
当サイトは20歳未満の方はご利用できません。