google-site-verification: google22d712fca84e941d.html

婚活 言葉の癒し

「現在婚活中」。最近こんな言葉を使う三十、四十代が目立つ

結婚相談所や合コンなどをフル活用。就活(就職活動)のよう

に結婚活動をすることらしい。だが言葉の軽い印象と裏腹に、

出会いを求める人たちの実情は想像以上に切実。

口にできない苦しさを「婚活」という言葉でやわらげ、

癒している面もあるようだ(読売新聞より)

「どうして私は選ばれないの」。

東京の有名商社の一般職、A子さん(32)はため息をつく。

もともとは二十代前半に結婚したいと思っていた。

ところが友人が次々結婚していくのに、自分は彼氏さえ

できない。

 31歳で思い切って結婚相談所に入会した。交際相手の

条件は有名企業勤務。合コンは100回以上、お見合い

も10数人にもうしこんだ。だが会えたのは1人。

 やめたいと思うこともある。「でも、何もしないと一生

独身かと不安を感じ、また婚活にのめりこむ。依存症

かも」と苦笑する。

 「自分がこんなに不人気とは」。執筆業のB男さん(43)

は、軽い気持ちでインターネット結婚情報サービスに登録

したところ、現実の厳しさに驚いた。

「43歳 自営業 長男」という条件がネック。60人申し込み、

会えたのは3人。うち2人に交際を断られた。

「結婚を絶望することもある。でも婚活をやめれば出会いが

なくなる」

■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■

「自分の魅力を高めたり、積極的に出会いの機会を作ったり、

結婚が目的の活動を意識的に行いこと」。中央大学の山田

昌弘教授と共著で「『婚活』時代」(ディスカバー・トゥエンティワン)

を出版したジャーナリストの白石桃子さんは「婚活」をこう定義する。

 結婚相手探し自体はは、これまで多くの人が経験したこと。だが

今は社会状況が違うという。

2005年の30~34歳の未婚率は男性が47% 女性は32%

1980年からともに20ポイント以上高まった。また国立社会保障

人口問題研究所の調査では、日本人の結婚は60年までお見合い

がもっとも多かったが、今は恋愛結婚がほぼ9割。一時はお見合い

に代わる存在だった職場結婚が90年代のバブル崩壊以降減り続ける

など、出会いの環境も変わった。

「昔は誰かが相手を見つけてくれた。今はそれでは結婚できない」

(白河さん)だから自然な出会いだけでなく、結婚相談所やネットの

お見合いサイトなどの各種サービスにも目を向けようというわけだ。

                           TOPへ戻る

アトラージュ銀座TOP|男性会員|女性会員|婚活データ|新着情報|お試し検索|成婚料割引|出張説明|婚活最前線|小冊子|結婚した方の声|サイトマップリンク|
———————————————————————————————————————————————–
                         結婚相談所アトラージュ銀座

結婚相談所アトラージュ銀座はお見合い重視の婚活応援の東京都結婚相談所です。

結婚相談所 結婚相談お見合い お見合いパーティー お見合い結婚 結婚相談出会いお見合い 結婚お見合い出会い 結婚相談所東京都 
結婚相談所神奈川県 
結婚相談所千葉県 結婚相談所茨城県 結婚相談所埼玉県 結婚相談相談所 
  
 お見合い婚活結婚相談  結婚仲介 結婚紹介 結婚紹介所 結婚相談出会い 結婚相談お見合い 結婚相談結婚情報 結婚情報サービス 結婚相談お見合い出会い再婚 シニア セレブ 交流 サークル 親婚活 開業 合コン 公務員
 

          

Copyright© 2017 東京銀座の結婚相談所:アトラージュ銀座 TEL0120-957-800 All Rights Reserved.
当サイトは20歳未満の方はご利用できません。